CAC会則


第1章 名称
第1条 本会は中部アコーディオンクラブ(略称CAC)という。
 2条 本会の事務所(レッスン場)は名古屋市内に置く。

第2章 目的
 3条 本会はアコーディオン演奏の技術向上、普及に寄与する。
 4条 アコーディオン愛好者との交流、並びに親睦を図る。

第3章 活動
 5条 アコーディオン演奏の技術交流を行い進歩向上を図る。
 6条 他クラブの見学、並びに出張演奏等を行う。
 7条 発表会を毎年1回行う。
 8条 機関誌「CACだより」の発行を随時行う。
 9条 その他、必要に応じて適宜行う。

第4章 会員
10条 プロ、アマチュアを問わずアコーディオンの愛好者によって構成する。
11条 会費を完納した者に限る。
12条 退会は自由とする。但し既納会費の払い戻しはしない。

第5章 会費
13条 会費は年額8,000円とし、会員を継続する場合は、翌年分の会費を年内に収める。
14条 新規に会員となる場合は、年会費として8,000円を納める。
    但し、7月以降に入会する者は4,000円とする。

第6章 会計
15条 本会の運営は会費及び寄付金等をもって行う。
16条 会計年度は毎年1月1日から開始し12月31日に終了する。

第7章 役員
  17条 本会に次の役員を置く。
   1.役員は総員7名以内とし、会の運営に当たる。
   2.役員の中から会長,副会長,総務,会計,監査を各1名選出する。
   3.役員の外に顧問,名誉会員,相談役を置くことができる。
 18条 役員の任期は4カ年とし選出は総会において行う。但し、再任を妨げない。
 19条 役員会は必要に応じ会長が召集することができる。

第8章 総会
 20条 総会は毎年1回、1月に開催する。全ての会員に参加資格がある。
 21条 臨時総会は必要に応じ会長が召集することができる。

第9章 決議事項
 22条 総会において次のことを決議する。
   1.役員の改選
   2.該当年度の活動報告及び決算報告
   3.次年度の活動計画及び収支予算
   4.その他上記以外の重要事項

第10章 指導及び指導料
 23条 教習は月1回~2回行う。但し実施日はその都度決める。
 24条 教習は全ての会員が受けられる。但し、事前に予約を必要とする。
 25条 指導者は受講者と次の事を協議して決める。
   1.教習の場所及び日時
   2.楽器持参の有無
   3.指導料の金額

第11章 その他
 26条 次の事項については社会通例に倣い常識をもって対処する。
   1.会則の改定
   2.渉外及び慶弔
     ※ 会員ご本人が亡くなられた場合には、弔慰金として原則5,000円を支給する。
       なおその他の慶弔への対応については役員会で話し合った後、会長に一任する。

   3.総会の議長選出方法
   4.役員の選出方法及び任務
   5.総会の決議方法及び記録
   6.その他上記以外の重要事項
   7.CAC会員としてふさわしくないと判断された場合は退会を申し入れる
   
第12章 付則
 27条 この規定は昭和43年10月より施行
          昭和53年 2月一部改定
          平成12年 1月一部改定
          平成14年 1月一部改定
          平成18年 1月一部改定
          平成28年 1月一部改定(慶弔規定追加)
          平成30年 1月一部改定(年会費改定)